狭小住宅とは?

狭小住宅とは約15坪(50平米)以下の土地に建っている家のこと。
狭小住宅は都市部に多く、変形している土地や、密集している土地に建っていることが多いのです。
狭小住宅という単語だけを見ると、「狭くて小さい家」という連想をしてしまいがちですが、狭小住宅は工夫次第で広くて大きく、住みやすい家にすることが可能なのです。
田舎の方では、土地の価格も安く低価格で大きな家を建てることが可能ですが、都市部など人気の高いエリアは、土地の価格も目が飛び出るような価格。
しかし、仕事の都合上、都市部でしか家を建てることができないといった方に、狭小住宅は人気があるのです。

狭小住宅のイメージは人によって違いますが、狭小住宅だからこそ、他の家とは違った奇抜なデザインを楽しむこともできるのです。
大きい家に住むのがステイタスと思っている方も多いのですが、家を建てるということは、一生に関わります。
大きい家を持つということはその分、維持も行うのも大変。
高齢になってから家の維持ができなければ、折角手に入れた家も、手放す他ありません。

その反面、狭小住宅は土地も狭いので、固定資産税も安く済みますし、生活水準に合わせて、余裕のある生活を送ることができます。
狭小住宅はいま、凄く脚光を浴びていて、住宅メーカーに訪問すれば狭小住宅に関する様々な情報を得ることもできるのです。
当サイトでは、狭小住宅について紹介しています。
狭小住宅を考えている方の疑問を解決できれば幸いです。

Copyright © 2014 狭小住宅に施されている工夫 All Rights Reserved.